自毛植毛のコラム

自毛植毛に関する最新情報をいち早くお届けします。

自毛植毛のコラム記事一覧

各種ある薄毛治療法の中で植毛という選択肢を検討する場合、移植する毛髪をどこから調達するのかということを考えなくてはなりません。植毛は大きく分けて、自分の頭に残っている毛根を採取して必要箇所に植え付ける方法と、人工的に作られた人工毛を植え付ける方法があります。前者を自毛植毛、後者を人工毛植毛と呼びますが、それぞれ長所短所があるのでどちらを選ぶにしても要点を押さえておく必要があります。自毛植毛とは自毛...
男性型脱毛症AGAの治療には複数の選択肢がありますが、植毛、とりわけ自毛植毛を選ぶ患者さんはある理由で治療を決意することが多いようです。その理由とは効果の永続性が期待できるということです。移植が上手くいって毛根が定着した場合、そこから永続的に髪の毛が生えてくるという利点です。今回はこの自毛植毛の効果の永続性について詳しく見ていきましょう。永続性があるとはどういうことか?効果に永続性があるとは、一旦...
何らかの理由で後頭部や側頭部からの毛根の調達ができない、あるいは採取の為に傷を付けたくないなどの理由で自毛植毛ができない場合は人工毛植毛が選択肢に上がることになります。現在では色々な理由であまり採用されない傾向にある人工毛植毛ですが、それにはそれなりの理由があります。メリットよりもデメリットの方が上回ることが多いというのがその理由ですが、今回は人工毛植毛のデメリットに焦点を絞って解説していきたいと...
見た目に薄毛を改善する方法はいくつかありますが、植毛治療の他には増毛やカツラという選択もあります。今回は増毛という選択肢に焦点を当てて考えてみたいと思います。一部混同されやすい増毛と植毛の違いを比較して、自分の薄毛対策にどちらを採用すべきかを考える際に役立てて下さい。増毛とは?「毛」を「増」やすと書いて増毛ですが、一般に増毛と言えば人工的に作られた毛を頭皮に着装して見た目に髪の毛のボリュームを回復...
植毛治療はAGA治療が医療機関で行われるようなった近年以前から、薄毛ハゲの対策として用いられてきた歴史があります。有効な治療薬がまだ開発されていなかった時代から一部の外科系のクリニックで治療が行われていました。植毛は外科的テクニックによって行われるものですが、利用されるテクニックも従来と同じではなく少しずつ進化しています。今回はそのテクニックの一つグラフト植毛法(マイクロ植毛法)についてメリットと...
フラップ法とは植毛治療の術式の一つで、移植に必要な毛根を皮膚ごと切り取り、その皮膚ごと移植してしまう方法です。イメージとしては、例えばやけどを負って皮膚が死んでしまったところに、別の個所から生きている皮膚を切り取って移植するような感じです。これを植毛治療で行う場合は後頭部など毛の密度が十分な個所の皮膚を切り取り、禿げた部分へ移植します。切り取った皮膚のことをフラップというためフラップ法と呼ばれます...
80年代初頭の植毛治療において良く採用されたのがスカルプ・リダクションという手法です。これはハゲが進行してすでに毛根が死んでしまった部位、つまりハゲ治療的にはもうなんの価値もないと言える部分の皮膚を切り取ってしまい、周囲の皮膚を引っ張ってきて縫合するというものです。手術法のイメージとしては、今でいう女性のフェイスリフトアップという美容外科手術がありますね、あのようなイメージです。要らない部分の皮膚...
ニードルとは「針」の意味ですが、文字通り専用の針を使って一本一本丁寧に植え付ける植毛治療をニードル植毛といいます。自毛植毛治療において用いられる移植技術の一つです。自毛植毛ですから必要な毛根は自分の後頭部や側頭部から調達します。ではこのニードル手法のメリットとデメリットを見ていきましょう。ニードル植毛のメリットは?移植するドナーを一つずつ丁寧に植え付けることから、精密さ、自然さという点で優れている...
医療水準が昔より飛躍的に進歩した現在では、植毛治療の分野にもレーザー治療器が持ち込まれています。このレーザーをいつ使うかというと、毛根を採取する時ではなく移植を実行する時です。通常、採取されたドナーを必要箇所に植え付ける時にはスリットと呼ばれる植え付け用の穴を作るために頭皮に傷をつけることになります。イメージとしては、鉢植えの植物を庭に移植する際に事前に地面に穴を掘りますよね。植毛治療でも毛根を植...
自毛植毛という治療法は外科手術の範疇になり、手術技術の開発は日進月歩で行われています。開発というよりも「進歩」と表現する方が正確かもしれません。というのも植毛技術というものはどこかの研究機関で開発されるのではなく、日々の治療の中で前線の医師たちが経験則から独自に編み出した、患者さんへの負担がより少なく、移植効率、オペの成功率が少しでも上がるような工夫から生まれるからです。それぞれの医師が、現在普及...
ハゲ治療として植毛治療を選択する場合、人工植毛と自毛植毛という二つの選択肢がありますが、人工毛植毛はデメリットの方が上回るためほとんど採用されず、事実上自毛植毛のみの選択となります。自毛植毛にもデメリットはあるものの、それを大きく超えるメリットがあるので植毛治療と言えば=自毛植毛を指すと考えて良いでしょう。今回は自毛植毛が選ばれる理由として5つのメリットを説明したいと思います。生きた自毛なので他の...
植毛治療はハゲ薄毛の治療分野の中でも外科技術を用いた治療であり、他の投薬治療とは一線を画す治療手段です。外科治療特有の優位性もあれば、体への侵襲という面でデメリットもあるわけですが、植毛治療の優位性を特に発揮できるのが傷跡に対する自毛植毛の適用です。今回は怪我やヤケドなどで皮膚を損傷し、無毛状態となってしまった部分への自毛植毛について解説します。毛根がなければ投薬治療は選択できない現在のハゲ薄毛(...
自毛植毛手術では移植に用いるドナー毛根を主に後頭部から採取しますが、この時に用いられる採取法の一つにFUT法があります。この方法はメスなどで皮膚ごと切り取る方法で、帯状に細長い皮膚として切り取られます。切り取った患部は縫合され、採取したドナー毛根は株分け作業を経て移植に使われる毛根が選別されます。選別された元気なドナーを移植箇所に植え付けて手術は終了となります。今回はこのFUT法についてメリット・...
最近では高齢の方でも現役バリバリで元気よく働いておられる方が多いですね。背景には年金の受給開始年齢が引き上げられたという事情もあるかもしれませんが、何より人生に張りを持ってイキイキと活躍できるのは良いことです。仕事だけでなく、豊かなプライベートを楽しむためには見た目にも気を配りたいものですが、人は年を取ると薄毛も進むもの。ここにAGAも絡みますから一般的に高齢者には薄毛の方が多いのは仕方ありません...
自毛植毛治療において、移植に必要なドナー毛根を採取する際の手法の一つにFUE法と呼ばれるものがあります。これはドナーの採取にメスを使わずに済む方法で、採取にはパンチと呼ばれる器具を使い、毛根を一つ一つ個別にくり抜いていく方法で採取します。メスで皮膚ごと切り取る手法を取るFUT法のデメリットを克服する手法です。それではこのFUE法のメリットデメリットを見ていきましょう。FUE法のメリットFUE法の最...
植毛治療には人工毛を使ったものもありますが、こちらは現在ほとんど採用されないので自毛植毛が実質的な手段となっています。自毛ですから自分の頭から(主には後頭部から)ドナーとなる毛根を採取してきます。毛根から生えている髪の毛は必ずしも1本ではなく、2本あるいは3本ということもあります。また髪の毛の太さも全く同じではなく、しっかりとした太い毛が生えている毛根もあれば若干細い毛を生やしている毛根もあります...
世の中、人の時間を拘束するためには普通はお金を支払うなど、何らかの対価を支払うのが原則です。弁護士さんに何かを相談するにしても、普通は「30分5000円」などの費用が発生します。特に専門家の知識を用いての相談回答は価値の高い情報ですから費用も高くなりがちです。では自毛植毛についての医師への相談ではどのくらいの費用がかかるのでしょうか?一般の皮膚科などでは通常植毛は行いませんので、植毛治療を手掛ける...
髪の毛の悩みは男性のものというイメージは現在ではかなり薄れてきているように思います。中高年以降の女性もごく当たり前に薄毛の悩みを持っていますから、部分カツラ(ウィッグ)や女性用育毛剤の商品CMもよく見かけるようになりました。美容医療の業界全体では女性患者さんが多いイメージですが、薄毛分野の悩みについても女性患者さんの相談数が増えています。そのため最近はFAGA(女性のAGA)治療などを提供するクリ...
脱毛症には複数の要因、原因がありそれぞれの態様も異なります。男性の一般的な薄毛ハゲの悩みの多くは男性型脱毛症AGAですが、これは体内の男性ホルモンが悪さをすることで現れる症状です。生え際、前頭部、頭頂部などから少しずつ進行する態様を取り、進行スピードも緩やかです。対して円形脱毛症はどこから始まるということはなく、頭皮のどの部分にでもできます。進行スピードも比較低早く、また一度発症してしまうと症状を...
植毛治療の最大のメリットといえば「効果の永続性」です。これは一度移植に成功すれば、以後その毛根は男性ホルモンの悪影響を受けず、永続的に生え変わるのでメンテナンスも不要というものです。この点がクローズアップされることが多いので、一度手術すればもうハゲ薄毛との付き合いはキッパリ無くなると思ってしまいがちです。この点植毛治療の落とし穴になりがちですので、誤解のないように知識を持っておかなければなりません...
人の体にはいたるところに体毛が生えていますが、一般にはほとんどが無駄毛として処理されているのではないでしょうか?唯一ヒゲはファッションなどで伸ばしたり整えたりしておしゃれに活用できるのでお手入れしている人もいるでしょう。しかし多くの人はやはり無駄毛として毎日面倒な思いをして剃っているはずです。このヒゲを頭に自毛植毛として移植できないものか考えてみましょう。不可能ではないが最適ではないヒゲの頭への移...
植毛治療を考える方の多くから出る質問の一つに「何本くらいの移植が可能ですか?」というものがあります。薄毛の進行度合いは人それぞれですが、広範囲にまで進んでしまった方は自分のハゲが十分に隠せるかどうか心配になるのも当然です。今回は自毛植毛手術において、一回の手術でどれくらいの植毛が可能か、また数回の移植を実施したとして合計で大体どれくらいの移植が可能なのかご説明しましょう。1回の手術では大体4000...
植毛という技術はある部位に生えている体毛を、別の個所に移植するために用いるものです。植毛治療と言えば頭髪の薄毛を治すための治療だと思ってしまいがちですが、世の中には頭髪ではなく、別の部位への移植を考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか?先天的に毛があるべきところに生えていない、事故や火事などで深手を負い、当該箇所の毛根を失ってしまい二度と生えてこなくなったなど理由は色々でしょう。どういう理...
頭髪は薄くなってきたのに体毛だけは人一倍濃いという方は結構いらっしゃるのではないでしょうか?体毛も体温調整や外部刺激からの保護など存在意義は確かにあるものですが、一般的には無駄毛として考えられていますから、可能であればこれら無駄毛を使って頭皮への移植を考えたいところです。もし可能ならば無駄毛の処理と頭髪量の改善という一石二鳥の効果が得られますよね。今回は体毛を頭皮に移植することができないかどうか考...
自毛植毛は移植に成功すれば以後自分の髪の毛が永続的に生えてくる点が強調されますね。確かにそれこそが自毛植毛の大きなメリットです。しかし実は移植された髪の毛は一旦全て抜け落ちてしまうことをご存知でしたか?これは正常なヘアサイクルが稼働する前の現象で、自毛植毛をした方すべてに起こるものです。これを知らないと「移植に失敗したのでは!?」と思ってしまうので、移植後は一旦全て抜ける、ということは絶対に覚えて...
自毛植毛が1回で終了できるかどうかは患者さんがどれくらいの範囲で移植を希望するのか、移植希望箇所にどれだけの自毛が残っているのか、見た目の自然さはどの程度考慮するのか、定着率のロスをどれだけ甘受するのか、またクリニックで採用している移植技術のレベルなどの要素によっても変わってきます。1回で終了させること自体はもちろん可能で、2回以上の施術をクリニックが強制することはありません。あくまでも「うちのク...
ハゲ薄毛の悩みは早い人では10代後半から始まる人もいます。植毛治療自体には年齢制限はないので、10代の方でも特段の事情が無ければ移植手術は可能ではあります。ただ医師によっては若年齢の患者さんへの移植手術を慎重に考える人もいて、その場合は薬物治療などを行って様子を見るようにアドバイスされるでしょう。医師によっては強く希望すれば手術に応じてくれるかもせれませんし、やはり断られることもあるかもしれません...
ハゲ薄毛のリスクはある意味万人に平等におとずれます。職業やステータスによってハゲのリスクが減ることはありません。この点一般人よりも芸能人や有名人の方は禿げた時のリスクがより大きいと言えるでしょう。特に見た目が仕事を左右する俳優さんなどは死活問題になります。ハゲ薄毛の原因や進行状況によっては自毛植毛の必要が出てくる芸能人は結構います。植毛の事実が公になっている人と、その噂がある芸能人に分けてどんな人...
カツラやウィッグは手軽にハゲ薄毛を隠せるのでとても便利ですね。植毛手術のように頭皮に傷が付くこともありません。しかし皆さんの本音はどうでしょう?手軽ではあるものの、「ニセモノの自分」であることの屈辱感やいちいち着脱を繰り返さなければならない面倒くささがとてもストレスになっていませんか?こんな面倒な思いをするくらいなら傷くらい覚悟して植毛したい!という方からの相談が多いのも仕方ないことかもしれません...
カツラから植毛治療にシフトする場合、どのタイミングでカツラとおさらばできるのかという点が気になりますね。植毛治療のうち人工毛を用いた植毛はすぐにカツラを外すことができますが、人工毛植毛はほとんど採用されませんので、実質は自毛植毛一択になります。では自毛植毛治療を受けることにした場合、カツラはどのタイミングで外せるのでしょうか?本人が良ければすぐに外せる患者さん本人に特に支障がなければすぐにでもカツ...
植毛は体への負担がかかることもあり実施を決意するのはなかなかハードルが高いという人も多く、そういった負担が少ないカツラを使用している人もいますね。しかしカツラは如何せん人工物であり偽物です。本来の自分を隠して生きる人生と決別して植毛手術を受けたいという相談がクリニックに多く寄せられます。問題はカツラと植毛治療は併存できるのか?そしてカツラをいつ外すことができるのか?ということです。基本的には植毛後...
最近、ツムジ付近への自毛植毛手術を受けた際に発毛率が他所と比べて悪いのではないかという意見が聞かれることがあります。実際はつむじ付近が他所と比べて発毛率、定着率が悪いということはないと思いますが、患者さんの実感、体感として他所と比べて満足感を得にくい部位であると言えるかもしれません。その理由を探っていきましょう。つむじの箇所と技術的な問題つむじは鏡を使って上から確認しますが、この場合視覚的に、より...
植毛治療はAGAを含めてほとんどのハゲ薄毛の治療において選択肢とすることができます。外科的手段となるため治療を提供するクリニックや医師が限られますが、欧米だけでなく日本国内でも多くの植毛治療専門の医師がいます。植毛先進国である欧米諸国に負けず劣らず、植毛治療技術の向上に励んでいる現場では、より患者さんの満足度を高めるにはどうすれば良いかという課題に向き合っていますが、従来植毛治療は複数回に分けて行...
植毛治療には自分の毛根を後頭部などから調達する自毛植毛の他にも人工毛を用いる人工毛植毛があります。人工毛植毛は安全性の観点から国内ではほとんど採用さていませんし、アメリカなどでは禁止されています。国内では、ドナー毛根の採取のための傷を嫌って人工毛植毛が検討されることがありますが、やはり色々と弊害が起きることがあり、自毛植毛に切り替えたいという相談もあります。こういった場合自毛植毛への切り替えは問題...
薄毛の悩みは中高年だけのものではありません。大学生や高校生でも薄毛に悩む方は大勢いらっしゃいます。特に若い高校生付近の年齢の方への自毛植毛治療は可能なのでしょうか。今回は若年者への植毛治療の是非について考えてみましょう。技術的には問題なく可能年齢が若いからといって植毛治療が不可能になるということはありません。ドナー毛根の採取が問題なく行える状態であれば技術的な問題はないので治療は可能です。ただ、悩...
メガセッションとは一度に多量の自毛植毛を行う術式のことを言いますが、何かリスクや危険性等はあるのでしょうか?今回はメガセッションの解説とそのリスクについて考えてみましょう。メガセッションの定義は?メガセッションは「多量の植毛をする」というもので、明確に定まった定義はありません。というのも自毛植毛で一度に移植できる本数というのは技術や機材の発達により次第に増加してきているので、一律に何本以上の移植を...
人間の毛髪は年を取れば白髪が増えてくるのが普通です。20代後半の若年者でも数本の白髪があることはよくあります。また若白髪といって働き盛りの世代でも頭が真っ白になる人もいます。白髪であっても特に人体に悪さをすることはありませんが、薄毛治療として自毛植毛を検討する場合何か注意が必要なことがあるのでしょうか。技術的な問題はまずない白髪であってもドナー採取がしにくいとか移植がしにくいとか、定着率が悪くなる...
自毛植毛治療はドナーがしっかりと定着すれば、以後は男性ホルモンの悪影響を受けないため永続的に髪が生え変わってくれるので煩わしさがなく、カツラと違って本当の自分を偽らなくて済むので薄毛治療の有望な選択肢となります。しかし全てのケースで植毛治療が選択できるかというとそうではなく、植毛治療ができないケースや適さないケースもあります。今回は植毛治療の選択が難しくなるケースを挙げてみましょう。植毛治療が適さ...
自毛植毛手術は少なからず頭皮に侵襲がありますので、傷跡の問題が生じることになります。治癒の過程でかさぶたができますが、これは滲出した血液などの成分が固まったものです。術後約1週間ほどでかさぶたができ、10日〜2週間程度で剥がれ落ちます。その間は移植部位にかさぶたがあるため、見た目を気にする方が多いですね。子どもの頃怪我をしてかさぶたができた時に「無理に剥がしてはダメ」と言われた経験がある人が多いと...
自毛植毛手術によって薄毛を改善しようとする場合、必ず事前に医師と綿密な意思疎通を行って手術後のイメージを作り上げておく必要があります。患者さんとして気になるのはまず見た目ですから、希望するヘアラインの調整も行うことになります。あまり年不相応でも不自然ですから、医師のアドバイスを考慮して自分なりに納得して手術実行となるはずです。しかし美容外科一般に言えることですが、手術の仕上がりに不満を持つケースも...
自毛植毛手術ではFUT法と言って、ドナー毛根の採取の際にメスを使って皮膚ごと切り取る手法がよく用いられます。ドナー採取は主に後頭部で行われますので帯状に切り取られた患部には傷が残ります。この傷は手術用の糸を使って術後縫合され、後日その糸を外す抜糸が必要になります。おおよその抜糸までの期間はどのくらいか見ていきましょう。抜糸までの期間は人によって術後の経過は異なるので一概には言えませんが、おおよそ1...
男性型脱毛症は治療可能なものであると社会的な認知度が高くなった昨今、専門クリニック等でフィナステリド、ミノキシジル等のAGA治療薬で治療しているものの、あまり好ましい結果が得られていないという人は少なくありません。AGA治療のガイドラインによるとこれらのAGA治療薬を用いた治療がAGA治療のファーストチョイスとなりますが、それでも効果を得られない場合は経験と実績のある医師による自毛植毛が推奨される...

このページの先頭へ戻る