増毛か?自毛植毛か?

 

見た目に薄毛を改善する方法はいくつかありますが、植毛治療の他には増毛やカツラという選択もあります。
今回は増毛という選択肢に焦点を当てて考えてみたいと思います。

 

一部混同されやすい増毛と植毛の違いを比較して、自分の薄毛対策にどちらを採用すべきかを考える際に役立てて下さい。

 

増毛とは?

 

「毛」を「増」やすと書いて増毛ですが、一般に増毛と言えば人工的に作られた毛を頭皮に着装して見た目に髪の毛のボリュームを回復させる方法を指すことになります。

 

人工的な毛髪を用いるものに人工毛植毛がありますが、頭皮の内部に植え付ける植毛と違って、増毛では頭皮に植えこむということはしません。

 

 

この点、植毛は医療行為となりますが、増毛は人体への侵襲が無いので医療行為とはならず、ヘアサロンなどで施術を受けることができます。

 

見た目に毛量を回復できる上に体への負担が無いということが増毛のもっとも優れたメリットと言えるでしょう。

 

人工毛を編み込む

増毛法にも複数あり、メインとなるのが今ある自分の髪の毛に人工毛を編み込んでいく方式です。メスを使って皮膚を切り取ったり、頭皮に植え付けるというようなことが無いので傷が残るというようなこともありません。

 

シートタイプ

 

また人工毛が植え付けられた非常に薄いシートを頭皮に張り付けるタイプのものもあります。広範囲に一気に貼り付けることができるので、薄毛が進行してハゲ部分が広い方に特に有効です。

 

どちらも24時間ずっとつけっぱなしでシャンプーなども通常通り行って構いません。
生活への支障はまずないといって良いでしょう。ストレスなく日常生活を送れるのは嬉しいですね。

 

増毛の弱点は?

 

自毛に編み込むタイプの増毛は、毛の根元部分に数本の人工毛を着装していきますが、自毛は生きているので少しずつ伸びていくため、編み込まれた部分が次第に頭皮から浮き上がってくることになります。
そのままでは非常に不自然ですから、定期的にメンテナンスを施してやる必要があります。

 

シートタイプのものも永久に効果が持つわけではありませんから、粘着力の維持の為にやはり定期的なメンテナンスが必要になります。
シート式の場合、メンテナンスを放置して万が一外れてしまうと、面積が広い場合はカツラが取れてしまったのと同じような衝撃が走ることになります。

 

以前は通気性の問題から頭皮が蒸れたり痒みが出るなどの問題もありましたが、最近では材質の改良で随分緩和されているようです。

 

それでもやはり「自分の髪の毛ではない」という後ろめたさと、定期的なメンテナンスが必要という点は永続的に薄毛の悩みから解放されたい方にとっては大きな負担として残ることは否めません。

関連ページ

自毛植毛か?人工毛植毛か?安全性で比較!
自毛植毛か人工毛植毛かで迷っている方に、それぞれの植毛法のメリット・デメリットをお伝えします。
自毛植毛の効果と永続性をチェック!
自毛植毛は一度植毛手術をすることにより、永続的な効果を期待できるものなのでしょうか?
人工毛植毛のデメリットを知らないでは済まされない!
人工毛植毛は自毛植毛と異なり、知って置かなければならない数々のデメリットがあります。
グラフト植毛法(マイクロ植毛法)のメリット・デメリットをチェック!
植毛テクニックの一つグラフト植毛法(マイクロ植毛法)についてメリットとデメリットを解説していきます。
フラップ法のメリット・デメリットを今すぐチェック!
フラップ法とは植毛治療の術式の一つで、移植に必要な毛根を皮膚ごと切り取り、その皮膚ごと移植してしまう方法です。メリット・デメリットについて説明します。
スカルプ・リダクションの危険性を今すぐチェック!
80年代初頭の植毛治療において良く採用されたのがスカルプ・リダクションという手法です。スカルプ・リダクションについてメリット・デメリットを見ていきましょう。
ニードル植毛のメリット・デメリット
ニードル植毛のメリットとデメリットをご紹介します。
レーザー自毛移植術のメリット・デメリット
レーザーを使用した自毛植毛のメリットとデメリットについて説明します。
NHT式自毛移植術の特徴とは
NHT式自毛移植術とはどのようなものなのでしょうか?今回はこのNHT式自毛移植術の特徴を探ってみたいと思います。
自毛植毛5つのメリット
自毛植毛が選ばれる理由として5つのメリットを説明したいと思います。
傷跡の無毛部分への自毛植毛は可能か?
無毛部分で治療薬も効かないようなケースでは自毛植毛はとても有効な手段となります。
FUT法のメリット・デメリット
自毛植毛手術に用いられる採取法の一つにFUT法があります。今回はこのFUT法についてメリット・デメリットを見ていきましょう。
還暦を過ぎても自毛植毛出来るのか?
還暦過ぎても自毛植毛は可能なのかどうか?高齢者の方に自毛植毛が適用になるかどうかを考えてみましょう。
FUE法のメリット・デメリットに興味ある?
自毛植毛治療において、移植に必要なドナー毛根を採取する際の手法の一つにFUE法と呼ばれるものがあります。メリット・デメリットについて説明します。
自毛植毛における毛髪の太さと本数の関係
自毛植毛において毛髪の太さや毛根から生える髪の毛の本数がどのように関係するかをお話します。
自毛植毛はカウンセリングはこんな感じで進みます
自毛植毛はカウンセリングから全てがはじまります。では、どんな感じでカウンセリングが進められていくのでしょうか?
女性でも自毛植毛できるケースとできないケースの違いとは?
女性の薄毛ハゲは男性とは異なります。その結果女性で自毛植毛が適用になるケースもあれば不適用のケースも出てくるのです。
円形脱毛症に自毛植毛は適用できるのか?
円形脱毛症になったが脱毛部分に自毛植毛はできるのでしょうか?円形脱毛症に対する自毛植毛の適用について考えてみましょう。
自毛植毛後に脱毛が進んだらどうするか?
自毛植毛が成功すれば、以後、永続的に生え変わるのでメンテナンスも不要ですが、周囲の毛根はなおDHTの影響を受けます。その場合・・・
毛の少ない人はヒゲの頭への自毛植毛も考慮に入れよう!
頭髪に毛が少ない人の場合など自毛植毛のドナーとして顔のヒゲを利用するのはどうなのでしょうか?
1回の手術で何本ぐらいの自毛植毛が可能なのか?
自毛植毛手術において、一回の手術でどれくらいの植毛が可能かについて説明します。
頭以外への自毛植毛は可能なのか?【まつ毛・眉毛・髭】
自毛植毛治療と言えば頭髪の薄毛を治すための治療だと思ってしまいがちですが、頭部以外(まつ毛、眉毛、髭)への移植を考えている方もいらっしゃるのではないのでしょうか?
体毛をドナーとして自毛植毛に使用するメリット・デメリット
体毛をドナーとして頭皮に移植することができないかどうか考えてみましょう。
自毛植毛した毛が完全に生えそろうまでの期間は?
移植後は一旦全て抜けた髪の毛が完全に生えそろうまでにはどれくらいの期間を要するのか見ていきます。 移植した毛が完全に生えそろうまでにどのいぐらいの期間がかかるのでしょうか?
自毛植毛手術は1回で終了できるのか?
自毛植毛が1回で終了できるかどうかは患者さんがどれくらいの範囲で移植を希望するのか、移植希望箇所にどれだけの自毛が残っているのか等により変わってきます。
10代20代など若い人への自毛植毛はできるのか?
医師側から見た若い人(10代後半〜20大前半)への自毛植毛は慎重になるケースが多いですが、当然個別のケースを検討の上植毛治療が可能な場合もあります。
自毛植毛している芸能人まとめ※まさかあの芸能人も?
自毛植毛していると自らカミングアウトしている芸能人ならびに自毛植毛していると噂されている芸能人をまとめてみました。
カツラがめんどくさい!自毛植毛で本当にカツラをはずせるのか?
カツラのメンテナンスが面倒くさいとお嘆きのあなた。自毛植毛を行えば本当にカツラに頼らない生活を手に入れることができるのでしょうか?
自毛植毛治療でカツラを外すタイミングは?しばらくは併用できる?
自毛植毛治療を受けることにした場合、カツラはどのタイミングで外せるのでしょうか?
自毛植毛とバレずにカツラを外せる時期とは?
周囲から見てカツラや自毛植毛がばれることなく外せる時期はいつでしょうか?
ツムジ付近への自毛植毛は発毛が悪い?理由は?
ツムジ付近への自毛植毛手術を受けた際に発毛率が他所と比べて悪いのではないかという意見が聞かれることがあります。その理由を探っていきましょう。
ワンパスは自毛植毛のスタンダードとなるか?
一度の自毛植毛施術で患者さんが満足できる治療を提供することをワンパスといいます。定着率の問題で否定的な医師もいますが、果たしてワンパスが植毛のスタンダードとなるのでしょうか?
以前に人工毛植毛をしているが、自毛植毛は可能か?
人工毛植毛は、やはり色々と弊害が起きることがあり、自毛植毛に切り替えたいという希望が多いようです。こういった場合自毛植毛への切り替えは問題なく行えるのでしょうか?
高校生への自毛植毛はできるのか?
高校生や大学生でも薄毛に悩む方は大勢いらっしゃいます。特に若い高校生付近の年齢の方への自毛植毛治療は可能なのでしょうか?
自毛植毛のメガセッションは危険?
メガセッションとは一度に多量の自毛植毛を行う術式のことを言いますが、何かリスクや危険性等はあるのでしょうか?
自毛植毛は白髪でもOKなのか?それともNG?
自毛植毛を検討する場合、白髪の場合は何か注意が必要なことがあるのでしょうか。
自毛植毛が適さない・できないケースとは?
全てのケースで自毛植毛治療が選択できるかというとそうではなく、自毛植毛治療ができないケースや適さないケースもあります。
自毛植毛手術後のカサブタをカムフラージュする方法
自毛植毛後のかさぶた対策として患者さんがどのように対処しているのかをご紹介します。
自毛植毛手術を受けたがヘアラインが不自然!修正できるのか?
自毛植毛手術の仕上がりに不満を持つケースも少なからずあります。その場合、修正は可能なのでしょうか?
自毛植毛手術後の抜糸までの期間はどのくらい?抜糸後の注意事項は?
自毛植毛手術後、その糸を外す抜糸が必要になります。おおよその抜糸までの期間はどのくらいか見ていきましょう。
自毛植毛手術の術式まとめ!どの術式がいいの?
自毛植毛にはFUT法とFUE法の2つの術式があります。それぞれの術式についてどのような方法で行われるのか、メリット、デメリットを含めて見ていきます。

このページの先頭へ戻る