自毛植毛手術の術式まとめ!どの術式がいいの?

 

男性型脱毛症は治療可能なものであると社会的な認知度が高くなった昨今、専門クリニック等でフィナステリド、ミノキシジル等のAGA治療薬で治療しているものの、あまり好ましい結果が得られていないという人は少なくありません。

 

AGA治療のガイドラインによるとこれらのAGA治療薬を用いた治療がAGA治療のファーストチョイスとなりますが、それでも効果を得られない場合は経験と実績のある医師による自毛植毛が推奨されるということになっています。
では、自毛植毛とはどのような治療となるのか、調べてみましょう。

 

 

自毛植毛でなぜAGAが改善する?

 

自毛植毛とは文字通り後頭部、側頭部等自分の毛髪を毛根ごとドナー株として採取し、生え際や頭頂部等の薄くなってしまった箇所に移植するという手術で、移植するのが自分の毛髪であることから人口毛を移植した際に懸念される拒否反応が発生しない、安全な手術です。

 

 

AGAの原因と考えられているのが5aリダクターゼという還元酵素ですが、この還元酵素は生え際、頭頂部等にだけ存在しており、後頭部、側頭部には存在していません。

 

自毛植毛は5aリダクターゼが存在していない後頭部、側頭部の頭皮ごと薄毛部に移植する手術ですので、移植した毛髪が生着すればそれ以降は5aリダクターゼの影響を受けることなく、毛母細胞の寿命まで半永久的に発毛することが期待できるのです。

 

自毛植毛の術式 代表的な術式は2つ

自毛植毛にはFUT法とFUE法の2つの術式があります。
それぞれの術式についてどのような方法で行われるのか、メリット、デメリットを含めて見ていきます。

 

自毛植毛の術式その@ FUT法

 

自毛植毛の術式のうち、FUT法は最も標準的と言える術式で、自毛植毛と言えばほとんどの手術がFUT法で行われていると言っても良いでしょう。
FUT法はドナーとなる頭皮を後頭部から細長い帯状に切り取り、毛包単位に株分けしていき、移植を行うという術式です。

 

FUT法のメリット

質の良いドナー株が確保できる

FUT法は切り取ったドナー部分の頭皮を顕微鏡を使って一つ一つ株分けを行っていきますので、毛根を切断してダメにしてしまう確率が0%と言っても良いほど低く、一度の手術で質の良い株が沢山確保できます。

 

FUT法のデメリット

痛みが出やすい

FUT法は頭皮を切除してドナーとなる部分を確保した後、縫合しますので、縫合した範囲に痛みが出やすいというデメリットがあります。縫合部は何かに触れるとかなり強い痛みが出ます。
手術後2週間程度経過するまでは枕を使用して仰向けで寝ることが難しいほどの痛みが出る可能性があります。

 

頭皮を縫合するので傷が目立ちやすい

ドナーとなる頭皮を切り取った部分を縫合しますので、傷跡が目立ちやすいというデメリットがあります。また、切除する頭皮が帯状となるため傷口が細長く、治りが遅くなってしまいます。日常生活に戻れるようになるまでに10日から2週間程度かかってしまいます。

 

自毛植毛の術式そのA FUE法

 

FUT法がドナーとなる頭皮を帯状に後頭部から切除するのに対し、FUE法はドナーを採取するのにメスによる切除を行わないのが特徴です。
FUE法の場合、パンチブレードという器具によってくり抜くように毛根を一本一本頭皮から採取します。
植毛する際にも同様にパンチブレードで微小な穴を頭皮に開け、そこに採取した毛根を一本一本
植え込んでいきます。

 

メリット

頭皮を切除しないので痛みが少ない

FUE法最大のメリットと言えばなんといっても頭皮を切除しなくて済むという点でしょう。
パンチブレードによって毛根をくり抜くため傷はできますが、最小限の傷となりますので手術後の痛みもほとんどありません。

 

デメリット

ドナーを採取する際に毛包を傷つけてしまうことがある

FUE法はパンチブレードによってドナーを採取しますが、この作業の際に毛包を傷つけてしまうことが多く、貴重なドナーをダメにしてしまう可能性が高いことがFUE法のデメリットと言われています。傷がついてしまったドナーは薄毛部分に植毛しても正嫡できず、植毛の意味がなくなってしまいます。

 

手術に時間がかかる

FUE法は一本一本ドナーを採取するため、施術を担当する医師の技術にもよりますが採取そのものに要する時間が長く、どうしても手術そのものの時間も長くなってしまいます。
FUE法のデメリットはこのように医師の技術に依存してしまう部分が大きいことが原因となっています。

 

自毛植毛の費用について

 

自毛植毛の費用は植毛の対象となる薄毛部分に対してどの位のグラフト=移植株が必要かによって決まります。
その他FUT法、FUE法どちらの術式で自毛植毛を行うかやクリニックによっても費用の設定方法が違いますので、自毛植毛を検討する場合は術式等とも併せて比較した上でクリニックを決めるようにしましょう。

 

まとめ

FUT法、FUE法の特徴を理解し、適切な手術法で自毛植毛しましょう。
いかがでしょうか?ここまで見てきたように自毛植毛の2つの術法にはそれぞれメリットとデメリットがあります。

 

一般的には自毛移植の範囲が広い場合はグラフトを無駄にしないようにFUT法、範囲が狭い場合や眉毛等が移植対象の場合はFUE法という使い分けになるようですが、医師の判断にも寄りますので、どこまで自毛植毛したいのかなどの希望をきちんと伝え、適切な手法で自毛植毛を行いましょう。

関連ページ

自毛植毛か?人工毛植毛か?安全性で比較!
自毛植毛か人工毛植毛かで迷っている方に、それぞれの植毛法のメリット・デメリットをお伝えします。
自毛植毛の効果と永続性をチェック!
自毛植毛は一度植毛手術をすることにより、永続的な効果を期待できるものなのでしょうか?
人工毛植毛のデメリットを知らないでは済まされない!
人工毛植毛は自毛植毛と異なり、知って置かなければならない数々のデメリットがあります。
増毛か?自毛植毛か?あなたに合った治療法はどっち?
増毛か、自毛植毛か、それぞれのメリット・デメリットを知った上で、ご自分に合った治療法を選択しましょう。
グラフト植毛法(マイクロ植毛法)のメリット・デメリットをチェック!
植毛テクニックの一つグラフト植毛法(マイクロ植毛法)についてメリットとデメリットを解説していきます。
フラップ法のメリット・デメリットを今すぐチェック!
フラップ法とは植毛治療の術式の一つで、移植に必要な毛根を皮膚ごと切り取り、その皮膚ごと移植してしまう方法です。メリット・デメリットについて説明します。
スカルプ・リダクションの危険性を今すぐチェック!
80年代初頭の植毛治療において良く採用されたのがスカルプ・リダクションという手法です。スカルプ・リダクションについてメリット・デメリットを見ていきましょう。
ニードル植毛のメリット・デメリット
ニードル植毛のメリットとデメリットをご紹介します。
レーザー自毛移植術のメリット・デメリット
レーザーを使用した自毛植毛のメリットとデメリットについて説明します。
NHT式自毛移植術の特徴とは
NHT式自毛移植術とはどのようなものなのでしょうか?今回はこのNHT式自毛移植術の特徴を探ってみたいと思います。
自毛植毛5つのメリット
自毛植毛が選ばれる理由として5つのメリットを説明したいと思います。
傷跡の無毛部分への自毛植毛は可能か?
無毛部分で治療薬も効かないようなケースでは自毛植毛はとても有効な手段となります。
FUT法のメリット・デメリット
自毛植毛手術に用いられる採取法の一つにFUT法があります。今回はこのFUT法についてメリット・デメリットを見ていきましょう。
還暦を過ぎても自毛植毛出来るのか?
還暦過ぎても自毛植毛は可能なのかどうか?高齢者の方に自毛植毛が適用になるかどうかを考えてみましょう。
FUE法のメリット・デメリットに興味ある?
自毛植毛治療において、移植に必要なドナー毛根を採取する際の手法の一つにFUE法と呼ばれるものがあります。メリット・デメリットについて説明します。
自毛植毛における毛髪の太さと本数の関係
自毛植毛において毛髪の太さや毛根から生える髪の毛の本数がどのように関係するかをお話します。
自毛植毛はカウンセリングはこんな感じで進みます
自毛植毛はカウンセリングから全てがはじまります。では、どんな感じでカウンセリングが進められていくのでしょうか?
女性でも自毛植毛できるケースとできないケースの違いとは?
女性の薄毛ハゲは男性とは異なります。その結果女性で自毛植毛が適用になるケースもあれば不適用のケースも出てくるのです。
円形脱毛症に自毛植毛は適用できるのか?
円形脱毛症になったが脱毛部分に自毛植毛はできるのでしょうか?円形脱毛症に対する自毛植毛の適用について考えてみましょう。
自毛植毛後に脱毛が進んだらどうするか?
自毛植毛が成功すれば、以後、永続的に生え変わるのでメンテナンスも不要ですが、周囲の毛根はなおDHTの影響を受けます。その場合・・・
毛の少ない人はヒゲの頭への自毛植毛も考慮に入れよう!
頭髪に毛が少ない人の場合など自毛植毛のドナーとして顔のヒゲを利用するのはどうなのでしょうか?
1回の手術で何本ぐらいの自毛植毛が可能なのか?
自毛植毛手術において、一回の手術でどれくらいの植毛が可能かについて説明します。
頭以外への自毛植毛は可能なのか?【まつ毛・眉毛・髭】
自毛植毛治療と言えば頭髪の薄毛を治すための治療だと思ってしまいがちですが、頭部以外(まつ毛、眉毛、髭)への移植を考えている方もいらっしゃるのではないのでしょうか?
体毛をドナーとして自毛植毛に使用するメリット・デメリット
体毛をドナーとして頭皮に移植することができないかどうか考えてみましょう。
自毛植毛した毛が完全に生えそろうまでの期間は?
移植後は一旦全て抜けた髪の毛が完全に生えそろうまでにはどれくらいの期間を要するのか見ていきます。 移植した毛が完全に生えそろうまでにどのいぐらいの期間がかかるのでしょうか?
自毛植毛手術は1回で終了できるのか?
自毛植毛が1回で終了できるかどうかは患者さんがどれくらいの範囲で移植を希望するのか、移植希望箇所にどれだけの自毛が残っているのか等により変わってきます。
10代20代など若い人への自毛植毛はできるのか?
医師側から見た若い人(10代後半〜20大前半)への自毛植毛は慎重になるケースが多いですが、当然個別のケースを検討の上植毛治療が可能な場合もあります。
自毛植毛している芸能人まとめ※まさかあの芸能人も?
自毛植毛していると自らカミングアウトしている芸能人ならびに自毛植毛していると噂されている芸能人をまとめてみました。
カツラがめんどくさい!自毛植毛で本当にカツラをはずせるのか?
カツラのメンテナンスが面倒くさいとお嘆きのあなた。自毛植毛を行えば本当にカツラに頼らない生活を手に入れることができるのでしょうか?
自毛植毛治療でカツラを外すタイミングは?しばらくは併用できる?
自毛植毛治療を受けることにした場合、カツラはどのタイミングで外せるのでしょうか?
自毛植毛とバレずにカツラを外せる時期とは?
周囲から見てカツラや自毛植毛がばれることなく外せる時期はいつでしょうか?
ツムジ付近への自毛植毛は発毛が悪い?理由は?
ツムジ付近への自毛植毛手術を受けた際に発毛率が他所と比べて悪いのではないかという意見が聞かれることがあります。その理由を探っていきましょう。
ワンパスは自毛植毛のスタンダードとなるか?
一度の自毛植毛施術で患者さんが満足できる治療を提供することをワンパスといいます。定着率の問題で否定的な医師もいますが、果たしてワンパスが植毛のスタンダードとなるのでしょうか?
以前に人工毛植毛をしているが、自毛植毛は可能か?
人工毛植毛は、やはり色々と弊害が起きることがあり、自毛植毛に切り替えたいという希望が多いようです。こういった場合自毛植毛への切り替えは問題なく行えるのでしょうか?
高校生への自毛植毛はできるのか?
高校生や大学生でも薄毛に悩む方は大勢いらっしゃいます。特に若い高校生付近の年齢の方への自毛植毛治療は可能なのでしょうか?
自毛植毛のメガセッションは危険?
メガセッションとは一度に多量の自毛植毛を行う術式のことを言いますが、何かリスクや危険性等はあるのでしょうか?
自毛植毛は白髪でもOKなのか?それともNG?
自毛植毛を検討する場合、白髪の場合は何か注意が必要なことがあるのでしょうか。
自毛植毛が適さない・できないケースとは?
全てのケースで自毛植毛治療が選択できるかというとそうではなく、自毛植毛治療ができないケースや適さないケースもあります。
自毛植毛手術後のカサブタをカムフラージュする方法
自毛植毛後のかさぶた対策として患者さんがどのように対処しているのかをご紹介します。
自毛植毛手術を受けたがヘアラインが不自然!修正できるのか?
自毛植毛手術の仕上がりに不満を持つケースも少なからずあります。その場合、修正は可能なのでしょうか?
自毛植毛手術後の抜糸までの期間はどのくらい?抜糸後の注意事項は?
自毛植毛手術後、その糸を外す抜糸が必要になります。おおよその抜糸までの期間はどのくらいか見ていきましょう。

このページの先頭へ戻る