デュタステリドの副作用

 

AGAの原因となるDHT。
その活性を促す5αリダクターゼの活動を抑制することはAGA治療の第一歩です。

 

5αリダクターゼを抑える成分としてはフィナステリドが有名。
プロペシアやフィンペシアという製品名で市販されており、実際に使用されている方も多いと思います。
このフィナステリドよりも優れた5αリダクターゼの抑制効果があるとして、注目を集めている成分がデュタステリドです。

 

フィナステリドよりも効果のあるAGA治療薬デュタステリド

 

5αリダクターゼには1型と2型の2種類があり、生え際や頭頂部から進行する薄毛には2型が大きく関わっています。従って2型を抑制できればある程度の効果は見込めるのですが、1型による薄毛の影響もないとはいえません。

 

フィナステリドは2型の5αリダクターゼにしか効果がないため、1型の影響が強い場合は効果が発揮できないという欠点がありました。
1型、2型両方の5αリダクターゼに効果があるため、デュタステリドは大きな注目を集めています。

 

ある実験ではフィナステリドの1.5倍の毛髪再成長本数効果も報告されています。
でも、そんなに効果があるなら、副作用も強くなるのではないでしょうか。
デュタステリドの副作用について調べてみました。

 

デュタステリドで起こりうる副作用の症状

 

AGAの治療に高い効果が期待されるデュタステリドですが、サプリメントとは違い医薬品なのでやはり副作用のリスクが存在します。

 

デュタステリドには以下の副作用の可能性があります。

  • 性欲減退
  • 鼻咽頭炎
  • 肝機能障害
  • 女性の薬物接触禁止

 

副作用で起こりうる症状はフィナステリドと似ています。

 

5αリダクターゼを阻害することで男性ホルモンの生成を抑制するため、性欲減退や若干の鬱症状などの可能性は高くなります。鼻咽頭炎は鼻水が出たり、花粉症のような症状でデュタステリドの副作用では比較的多い症状です。

 

副作用があるなら、デュタステリドは使わない方がよい?

 

育毛ケアに育毛剤やサプリメントを使用する場合でも気になる副作用。

 

医薬品のデュタステリドではやはりサプリメントに比べると副作用の可能性は高くなります。
では、副作用を避けるためにデュタステリドは使うべきではないのでしょうか。

 

厳密な判断は医師に委ねるべきですが、基本的には副作用を恐れすぎる必要はありません。

 

効果を焦るあまりに使用量を勝手に増やすなどせず、用法を守っていれば大きなリスクはありません。万一の不安な場合も医師の判断を仰ぐことでリスクを最小限にすることができます。

 

デュタステリドはフィナステリドよりも副作用のリスクが低いとも言われている成分です。
これまではあまり普及は進んでいませんでしたが、2015年9月に厚労省に認可を受けたことで、11月よりAGA治療の医院で処方を受けることが可能になりました。
気になる方はぜひ専門医に相談してみてください。

関連ページ

5αリダクターゼのタイプ別AGA対策
なぜ5αリダクターゼを抑制しなくてはならないのか?そのためにはどんな成分が有効なのかをまとめてみました。
AGAに悩む方の冬の育毛対策
頭皮ケアはいつも同じでなく、季節によってポイントを変えてゆくことが大切。そこで今回はAGAに悩む方の冬の頭皮ケアについて考えてみましょう。
デュタステリドとフィナステリドの違い※フィナステリドに無いメリット
AGA治療に有効な成分のデュタステリドとフィナステリドですが、その違いはどこにあるのでしょうか?またメリットは?
毛髪再生医療実用化の試み※資生堂の挑戦!
再生医療で薄毛は解消できるか?資生堂が手掛けるクローン技術開発とは?毛根の採取なくクローンを作成!?ips細胞技術の全貌。
Panasonic頭皮エステブラシで女性の薄毛は解消された?
頭皮エステブラシ、そして育毛剤の成果も出てか、薄毛が改善され私の前髪に効果が現れた!

このページの先頭へ戻る