毛髪再生医療実用化の試み※資生堂の挑戦!

 

ハゲ薄毛の悩みは大昔からありましたが長い間改善不可能と言われていました。
それが特効薬の開発により医療機関での治療対象となったわけですが、その特効薬も死んでしまった毛根までは復活させることはできません。

 

現存する毛根を元気することしかできないため、毛根が死んで完全に禿げあがった部位には二度と髪の毛は戻りません。
しかしその問題をも解決せんと、世界中で超最先端の毛髪再生医療の取り組みが行われています。

 

資生堂が手掛けるクローン技術開発

 

資生堂は兵庫県に「資生堂細胞加工培養センター(SPEC)」を開設し、カナダのバイオベンチャー企業レプリセル社と提携して、ある最先端の薄毛治療技術の開発を進めています。

 

従来の自毛植毛では患者本人の後頭部から必要株数のドナーを採取し、それを必要箇所に植え付けることになります。
当然利用できるドナーには数に限りが出てきます。

 

またドナーロスとして採取した毛根のうちいくらかは乾燥などのダメージで生着できないこともあります。「自分が持つ毛根数以上」は移植できないので、自毛植毛は有限だということです。

 

 

しかし資生堂が研究するのは患者さんの頭皮円形5ミリ程度の範囲を切除して取られた「底部毛根鞘細胞」の培養です。
この組織を培養することで数を増やし、必要なだけ移植するということを目指しています。

 

培養でクローンを無限に増やせれば、有限だったドナーが無限になるということです。

 

残念ながらまだ実験段階で、現場での応用にはもう少し時間がかかるようですが、これが実現すればとてつもない成果です。ぜひ早期に実現してほしいですね。

 

毛根の採取なくクローンを作成!?ips細胞技術

 

さらに、患者さんの頭皮を一切切開しなくてもよい植毛技術の開発も検討されています。

 

私たち人間の細胞は髪の毛なら髪の毛、爪なら爪の細胞と役割がそれぞれ分かれていますが、近年話題になったips細胞は人体のどの部位の細胞にも変化できるということで、医療分野への応用が大変期待されていますね。
これを薄毛治療にも応用できないかと科学者が研究を進めています。

 

 

慶応大の研究チームがips細胞を用いて毛髪を作り出す「毛包」という組織を部分的にですが再生させることに成功しています。

 

現段階では完全に人の細胞だけで作り出したのではなく、人間のips細胞とマウスの皮膚細胞を利用しての実験ですが、この技術が現場で応用できれば、毛根が全くない患者さんでも自分の細胞を使って植毛ができるという画期的な技術です。

関連ページ

5αリダクターゼのタイプ別AGA対策
なぜ5αリダクターゼを抑制しなくてはならないのか?そのためにはどんな成分が有効なのかをまとめてみました。
AGAに悩む方の冬の育毛対策
頭皮ケアはいつも同じでなく、季節によってポイントを変えてゆくことが大切。そこで今回はAGAに悩む方の冬の頭皮ケアについて考えてみましょう。
デュタステリドとフィナステリドの違い※フィナステリドに無いメリット
AGA治療に有効な成分のデュタステリドとフィナステリドですが、その違いはどこにあるのでしょうか?またメリットは?
デュタステリドの副作用を知らないでは済まされない!
AGAの治療に高い効果が期待されるデュタステリドですが、医薬品なのでやはり副作用のリスクが存在します。どのようなような副作用が認められるのでしょうか?
Panasonic頭皮エステブラシで女性の薄毛は解消された?
頭皮エステブラシ、そして育毛剤の成果も出てか、薄毛が改善され私の前髪に効果が現れた!

このページの先頭へ戻る