大阪で評判の良い自毛植毛クリニックランキング

アイランドタワークリニック 大阪院

アイランドタワークリニック

術式 FUE
費用
  • 基本料金200,000円
  • 1グラフト1,200円〜
店舗

大阪市北区曽根崎2-6-6コウヅキキャピタルウエスト7F

 

湘南メディカルクリニック大阪院

湘南メディカルクリニック大阪院

術式 FUE・FUT
費用 500グラフト 498,000円〜
店舗

大阪府大阪市北区梅田1-9-20大阪マルビル5F

 

親和クリニック 大阪院

親和クリニック

術式 FUE・FUSS(FUT)
費用

MIRAI法費用

  • 基本料金200,000円
  • 1株ごとに700円

NC-MIRAI法費用

  • 基本料金300,000円
  • 1株ごとに1,800円
店舗

大阪府大阪市北区曽根崎新地1-4-20桜橋IMビル2F

親和クリニック公式親和クリニック詳細

海藻を食べると髪が増える?

薄毛に悩んだことのある人なら、一度は「わかめが髪に良い」ってフレーズを聞いたことがあるのではないでしょうか。
わかめに限らず昆布やひじきや海苔など、なぜか海藻類は髪に良いといったイメージが定着しているようです。

 

なぜ日本人にとって、海藻は髪の毛にとって良いイメージが定着してまっているのでしょうか。


海藻が髪に良いというイメージがある2つの理由

 

見た目

1つ目の理由として、海藻の見た目です。
海藻の濃緑で黒光りしたイメージが日本人の理想の黒髪とリンクしていることや、
水中をゆらゆらと漂っている姿が水に濡れた髪の毛を想像させるからと言われています。

 

科学的な根拠はなくとも、こういった海藻のイメージから髪に良いとの噂話が広まっていくにつれて
信憑性をもち、世間に浸透してしまったようです。

 

髪に良い栄養素が含まれている

2つ目の理由として、海藻が髪に良いのはある意味では事実だからです。
わかめや昆布をはじめ、海藻類には髪の毛が成長するために必須となるミネラルなどの栄養素が豊富に含まれています。
また海藻に含まれているヨウ素は、髪の毛にツヤやコシを与える効能があるとされています。

 

とすると、海藻が髪に良いのは事実じゃないかと思われるかもしれませんが、
これらの栄養素は海藻からだけでなく他の食品からも摂取することが十分に可能なのです。

 

つまり、海藻だけが特別な存在として髪の毛に良い影響を与えるのではなく、
あくまで髪の毛に良い栄養素を持つ多くの食品の1つに過ぎないということです。

 

「実は海藻を食べると髪が増えるは真実だった?」新たな説が登場

 

従来は迷信に近いといわれていた海藻と髪の毛の関係ですが、ここ数年では海藻に含まれるある成分が注目を集めています。
その成分とはフコダインと呼ばれるもので、わかめや昆布など海藻特有のヌルヌルねばねばした粘液を構成している成分です。

 

このフコダインには、毛母細胞にある髪の成長因子FGF-7を活性化させて育毛を促す働きがあるとされる研究発表がありました。
近年では、この発表に基づいてフコダイン配合のサプリメントや育毛剤が続々と開発されています。

 

もっとも、現段階においてフコダインの効果には具体的な立証数が少ないため、
あくまで有力な学説の1つとして参考程度の評価にとどめるべきでしょう。

 

まとめ

「海藻を食べると髪の毛が増えるか」という疑問に対しては、
医学的な根拠に乏しく直接的な因果関係はないため、NOという回答になります。

 

しかし、海藻にはフコダインの効能をはじめとして髪の毛の成長に必要な栄養素が含まれていることから、
過度な期待をせずに補助的な役割として海藻を食べることは髪の毛に良いと考えて間違いありませ

世界薄毛ランキングから見えてくること

 

「ハゲるって結局は遺伝なんでしょ?」と考えて薄毛予防を諦めている人、
そんな人にぜひ目を通して欲しいあるデータがあります。

 

日本の大手かつらメーカーが、1998年から2008年まで10年間調査して発表した
主要21カ国の国別薄毛人口割合のランキングです。

 

これをみると、1位はチェコ、2位はスペイン、3位はドイツ、続いてフランス・英国とトップ5は欧州の国で占められています。
日本は14位と一見低いようにも思えますが、アジア地域では韓国・中国・台湾などを引き離して最上位です。
このランキングを読み解くと、薄毛になる傾向にはある共通原因が浮かび上がってきます。

 

それは、食生活と飲酒量です。

 

各国の飲食文化について

 

薄毛予防に関連するサイトや書籍を見ると、
もれなく「食生活に気をつけましょう」「過度な飲酒はやめましょう」というフレーズを目にすると思います。
前述の薄毛国別ランキングからも、このフレーズの正しさが裏付けされています。

 

チェコ

1位のチェコは、国民1人あたりのビール消費量がダントツで世界一、日本人の約3倍の飲酒量を誇ります。
過度な飲酒をすることで、肝臓によるアルコールの分解が間に合わず、有害性を残したまま血液が体内を循環してしまいます。
そして、その有害性のなかには、抜け毛の直接的な原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)の増加を促す成分があるのです。

 

スペイン

2位のスペインは、1日5食を食べるという文化的背景があり、他国からすると過食気味といえます。
また、平均的なスペイン人の食生活は、野菜が少なく肉が中心で、
濃い味が好まれるため塩分や脂肪分を多く摂取しています。

 

中国と韓国

対して、薄毛ランキングが低い中国と韓国には次のような特徴があります。
中国は、薬膳系・漢方系の健康的な食べ物が日常に定着している文化があります。
また韓国は、キムチを代表として辛い食品を多く摂取している特徴があります。

 

特に唐辛子に含まれるカプサイシンには、毛母細胞を活性化させる働きが期待できるとして
日本の育毛剤にも配合されているくらいです。

 

日本も一昔前は理想の栄養バランスといわれる和食を頻繁に食べていましたが、
近年ではファーストフード・コンビニの化合物の多い食品や肉中心の食事がすっかり浸透して、
食生活の欧米化が著しい状況です。

 

こうした現状も、アジアでトップの薄毛人口になってしまったことの一因になるでしょう。
各国の文化的に根付いている食生活や飲酒量には、薄毛人口との一定の相関関係があるのです。

 

まとめ

先天的な要因として、遺伝が薄毛の主原因であることは紛れもない事実です。

 

しかし後天的な要因として、食生活や飲酒量も薄毛の進行に大きな影響を与えるということが、
国別薄毛人口割合のランキングから改めて認識させられたといえるでしょう。
薄毛を遺伝のせいにして食生活や飲酒量を軽く考えていた人は、今日からすぐにその意識を変えたほうがよさそうです。

関連ページ

※注目!名古屋で大人気の自毛植毛クリニックランキング!
名古屋で人気の自毛植毛クリニックをランキングでご紹介します。評判で選べばココ!
※注目!福岡で大人気の自毛植毛クリニックランキング!
福岡で大人気の自毛植毛クリニックをランキングでご紹介します。評判で選べばココ!

このページの先頭へ戻る