名古屋で人気の自毛植毛クリニックランキング

アイランドタワークリニック 名古屋院

アイランドタワークリニック

術式 FUE
費用
  • 基本料金200,000円
  • 1グラフト1,200円〜
店舗

名古屋市中村区名駅4-24-8EME名古屋ビル7F

 

親和クリニック 名古屋院

親和クリニック

術式 FUE・FUSS(FUT)
費用

MIRAI法費用

  • 基本料金200,000円
  • 1株ごとに700円

NC-MIRAI法費用

  • 基本料金300,000円
  • 1株ごとに1,800円
店舗

名古屋市西区名駅2-34-20 CK23 名駅前ビル6F

親和クリニック公式親和クリニック詳細

ミノキシジルの効果と副作用

日本人男性のハゲ薄毛の大部分を占める男性型脱毛症AGAはかつて改善不可能な症状でしたが、近年の治療薬の開発により改善が可能になっています。

 

主に投薬治療によって処置が行われますが、その際に使用される治療薬の一つに使われる成分がミノキシジルというものです。
実際にはこれを主成分にしたリアップという製品名で利用されることが多いですが、安い海外製品を使う場合は製品名が異なる場合があります。

 

今回はこのミノキシジルがどういう薬効を示すのか、また副作用にはどういったものがあるのかを見ていきます。

 

ミノキシジルの効果

ミノキシジルは主に外用塗布剤として利用されますが、頭皮の局所に強い血流増幅効果を認めます。
既存の血管の血流増幅だけでなく、新たな毛細血管を作り出し、
毛根に続く栄養補給路を増やすことでさらに血の流れを作り出すことができます。

 

AGAが発症している部位では、ジヒドロテストステロン(DHT)の影響でヘアサイクルが乱され、
毛根は次第に活力を奪われてやがて閉じてしまう方向へと向かっています。
そのような「死に向かって行く」毛根には積極的な栄養補給は不要と判断され、
少しずつ毛細血管は退縮し、血流が悪くなっていきます。

 

当然栄養も少なくなりますから毛根は兵糧攻めにあっている状態です。
ここに強力な血流の増加を起こして強制的に栄養を送りこんでやることで、
眠りかけた毛根の目を一気にさまして生命力を回復させるのがミノキシジルの効果です。

 

ミノキシジルの副作用は?

この成分は元々は高血圧患者の治療の為に用いられていたもので、
血管を拡張して血圧を下げる効果があります。

 

血管拡張により血流の増加効果を得られるわけですが、
元々低血圧の方が使用すると低血圧症を起こして危険な状態になることがあるので注意が必要です。

 

また現在高血圧の方で血圧を下げる薬を使用している方は、ミノキシジルの血圧低下作用と組み合わさって
必要以上に血圧を下げてしまい、重篤な症状に発展する危険もあるので使用に際しては医師とよく相談して下さい。

 

高血圧のクスリを使用していないけれども多少血圧が高い方は「丁度良いのでは?」と思ってしまいますが、
確かに血圧は丁度良くなるかもしれません。
しかし血圧を上昇させる要因は複合的に絡みっており、その要因、原因を無視したまま血圧だけを調整すると
気づかぬうちに隠れた病を増長させてしまうことになりかねません。

 

血圧が気になるのであれば別途医師に相談するのが望ましいでしょう。

フィナステリドの効果と副作用

 

現在の男性型脱毛症AGAの治療に用いられる治療薬には欠かせない成分があります。
フィナステリドといって、日本ではプロペシアという製品名の方が有名です。

 

海外では異なる名前の商品が複数ありますが、いずれもフィナステリドを主成分にしたものです。
日本国内で用いられる治療薬は複数ありますが、フィナステリド製剤は基本となる薬であり、ほぼ必ず処方されます。
今回はこのフィナステリドの効果と副作用について見ていきます。

 

フィナステリドの効果は?

この成分の効果は、AGAのハゲ症状を引き起こす直接の犯人である
ジヒドロテストステロン(DHT)の生成を抑制するものです。

 

DHTが一旦作られてしまうと、毛根に対して脱毛信号を発するため
次第に毛根が弱体化し、ヘアサイクルの成長期間が短くなって軟毛化が進み、
やがては髪の毛を生やす力を失くして毛根が閉じてしまいます。

 

この主犯であるDHTの発生を抑止するのがフィナステリドの役割です。

 

具体的には、DHTの前身であるテストステロンが5αリダクターゼという酵素と結びつくとDHTに変化してしまうのですが、フィナステリドは5αリダクターゼに作用することでDHTに変化するのを抑止してくれます。

 

脱毛信号の発生が無くなるため、毛根は次第に正常なヘアサイクルを取り戻し、
成長期間が長く保てるため太く強い毛が生み出されます。

 

フィナステリドの副作用は?

発生頻度は高くありませんが、フィナステリドは生殖機能系に副作用をもたらすことがあります。
例えば性欲減退、勃起障害、精巣痛、精子の減少などです。

 

皮膚系ではじんましんや痒み、発疹など軽度なものですが、
重篤なものでは肝機能障害が挙げられます。
なぜ肝機能なのかというと、フィナステリド製剤は内服して使用する製品の為、
代謝の過程で肝臓に負担がかかってしまうためです。
また稀に精神系への影響が出ることもあり、抑うつ症状が出ることもあります。

 

副作用ではありませんが、フィナステリドは女性への使用が厳禁で、薬を触るだけでもダメだと言われていますが、
子づくりへの影響を心配される方が非常に多いです。

 

この点、一般的な用法用量でフィナステリド製剤であるプロペシアを使用した場合、
精子への移行はごく微量の為影響はないとされています。
医師も同様に回答すると思いますが、万が一を考えて子づくり期間中は使用を控える方もいます。

 

海外製品では含有量が多い物もあるかもしれないので個人輸入などを利用する方は注意して下さい。

関連ページ

大阪で大人気!評判の良い自毛植毛クリニックランキング
大阪で評判の良い自毛植毛クリニックをランキングでご紹介します。
※注目!福岡で大人気の自毛植毛クリニックランキング!
福岡で大人気の自毛植毛クリニックをランキングでご紹介します。評判で選べばココ!

このページの先頭へ戻る