福岡で大人気の自毛植毛クリニックランキング!

アイランドタワークリニック 福岡院

アイランドタワークリニック

術式 FUE
費用
  • 基本料金200,000円
  • 1グラフト1,200円〜
店舗

福岡市中央区今泉 1-22-20 アベニュー天神ビル6F

 

湘南美容クリニック AGA福岡院

AGAルネッサンス クリニック福岡院

術式 FUE・FUT
費用 500グラフト 498,000円〜
店舗

福岡市中央区大名2-1-35トライエント山崎ビル8F

 

親和クリニック 福岡院

親和クリニック

術式 FUE・FUSS(FUT)
費用

MIRAI法費用

  • 基本料金200,000円
  • 1株ごとに700円

NC-MIRAI法費用

  • 基本料金300,000円
  • 1株ごとに1,800円
店舗

2016年 開院予定

親和クリニック公式親和クリニック詳細

メタボの人はハゲる?

 

メタボとハゲの関係

 

日常生活を送る中で、太っている人や頭の毛が薄い人を見かける機会は少なくありません。
むしろある一定の年齢を過ぎれば、ほとんどの人がメタボかハゲの定義に当てはまっている気さえします。

 

そういった視点で周りを見ると、世間にはメタボでハゲという組み合わせの人が意外と多いことに気づくはずです。
メタボだからハゲるのか?ハゲはメタボになりやすいのか?あるいはそこに関係性などないのか?
この問題は様々な側面から考えてみる必要があります。

 

メタボによる弊害

 

メタボとハゲがなんらかの関係で繋がっているのではないかと考える人は世の中に大勢います。
本当にメタボの人はハゲるのでしょうか?

 

もちろん個人差もありますが、現時点では必ずしもメタボだからハゲるとは言い切れません。
ですが、メタボが薄毛の後押しをしていることは確かです。

 

そこにはメタボリックシンドロームによる弊害が、結果的に頭髪にも悪影響を及ぼしているといった事実があるからです。

 

肥満傾向にある人の生活習慣を調べてみると、ほとんどの人にいくつかの共通点を見出すことができます。
それは、不規則な生活によるストレスや睡眠不足、暴飲暴食など食生活の乱れ、そして圧倒的な運動不足です。

 

こうした生活習慣の乱れが引き起こすものは、高血圧、高血糖、血行不良など、
いわゆる糖尿病に直結するものばかりであり、なおかつ、薄毛、抜け毛を助長する大きな要因でもあるのです。

 

薄毛の原因

 

髪の毛が薄くなってゆく原因として、多くの人は真っ先に「遺伝」を挙げるのではないでしょうか。
確かにそれも原因のひとつですが、本当に重要視しなければならないのは、前記したような生活習慣の乱れによる悪影響なのです。

 

メタボリックシンドロームが薄毛を助長する最も大きな要因のひとつに、前記した「血行不良」があります。

 

食生活の乱れや運動不足により血液がドロドロになると、体中の血管が大きなダメージを受けます。
血管障害を起こすことで血行不良となり、全身に張り巡らされた毛細血管まで効率よく血液が行き渡らなくなると、
髪の毛に充分な栄養が届かなくなります。このような状態が続くことで、薄毛、抜け毛の症状がますます進行してゆくのです。

 

メタボから抜け出すために

 

ここまで書き進めてきたように、メタボはハゲの直接的な原因ではないにせよ、
結果的に薄毛、抜け毛を招く大きな要因のひとつであることは明らかです。

 

髪の毛に及ぼす悪影響はもとより、メタボが招く事態は命に関わるほど深刻な問題に繋がるものばかりです。
メタボと診断された人は、これまでの生活を見直し、一刻も早くその状態から脱却しなければなりません。

 

メタボにならないための生活とは、メタボになる原因をすべて排除する生活です。
つまり、規則正しい生活に糖質を抑えたバランスのよい食事。過度の飲酒や喫煙をやめ、
ストレスをためることなく適度な運動を取り入れて安眠を心掛ける。

 

「言うは易く行うは難し」でしょうが、追い詰められてやらざるを得なくなる前に、
できる限りのことを自主的に行うべきなのです。

精力とハゲについて

 

なぜか昔から「ハゲ=エロい」という認識が噂レベルで存在していますが、実際のところはどうなのでしょうか。

 

精力もハゲも男性ホルモンに関係あることは簡単に想像がつきますが、
精力が強いのに髪の毛がフサフサな人もいれば、精力は弱いのにハゲているという人もいます。

 

この両者の違いは何なのでしょうか。
今回は「精力が強いと禿げるのか?」という疑問を解決していきます。

 

精力と男性ホルモンの関係について

 

男性の精力に最も大きな影響を与えるのは、男性ホルモンであるテストステロンの分泌量です。
テストステロンが骨盤神経に入り込むことで、勃起や性的興奮を引き起こすからです。

 

このテストステロンは精巣で分泌されており、一般的には20代前半をピークとして、
その後は加齢とともに平均1%ずつ穏やかなペースで減少していきます。

 

もっとも、加齢だけでなく仕事のストレスなど精神的負荷や食事など外的要因によっても
テストステロンの分泌量や減少ペースは大きく影響される
ため、同い年の男性でEDになる人もいれば、
思春期と変わらない精力の持ち主もいるわけです。

 

ハゲと男性ホルモンの関係について

 

精力と同様に、男性の毛に影響を与えるのも、男性ホルモンのテストステロンの存在です。

 

テストステロンは、すね毛や腋毛や胸毛などの体毛は濃くする働きがある一方で、
髪の毛に対しては抜け毛を促す働きがあります。

 

もっとも抜け毛を促す働きは、テストステロンが単体で行うものではなく、
毛根細胞にある「5αリダクターゼ」という酵素物質と結合することで生じる現象になります。

 

テストステロンと5αリダクターゼが結合して発生する「ジヒドロテストステロン(DHT、
いわゆる悪性男性ホルモン)」によって髪の毛の成長が妨げられ、抜け毛の原因となっていくのです。

 

この5αリダクターゼの量は遺伝的要素が強く、すべての男性の毛根細胞にあるわけではありません。
すなわち、毛根細胞に5αリダクターゼを多く持つ人こそがジヒドロテストステロン(悪性男性ホルモン)を
生み出す体質の人であり、ハゲる体質の持ち主であると言えます。

 

このように抜け毛の原因をきちんと理解することで、精力とハゲの関係にも一定の結論が導かれます。
「精力が強いのに髪の毛がフサフサな人は、男性ホルモンの量は多いが5αリダクターゼを持たない人」であり、
逆に「精力は弱いのにハゲている人は、男性ホルモンの量は少ないが5αリダクターゼの量が多い人」になるのです。

 

よって、「精力が強いとハゲるのか?」の答えはNOになります。
精力の強い弱いは男性ホルモンの量に起因し、ハゲるか否かは5αリダクターゼの量に起因するため、
両者に直接的な関係はないということです。

関連ページ

大阪で大人気!評判の良い自毛植毛クリニックランキング
大阪で評判の良い自毛植毛クリニックをランキングでご紹介します。
※注目!名古屋で大人気の自毛植毛クリニックランキング!
名古屋で人気の自毛植毛クリニックをランキングでご紹介します。評判で選べばココ!

このページの先頭へ戻る