アイランドタワークリニック自毛植毛の施術方法

 

東京、大阪、名古屋、福岡に開院するアイランドタワークリニックは、現在まで2万人以上の植毛治療を手掛けてきた実績豊富な植毛クリニックです。

 

今回はこのクリニックの特徴について見ていきます。

 

技術面での自信がうかがえる

 

公式サイトを見てみますと、やはり症例数、経験数が豊富なためクリニックで提供している植毛治療の自信の高さを伺わせます。

 

自毛植毛治療ではドナー毛根の採取にメスで皮膚ごと切り取るFUT法を採用するのが基本でしたが、最近はより負担の少ないFUE法を採用するクリニックが増えています。

 

アイランドタワークリニックもFUE法を採用していますが、このクリニックでは従来のFUE法をより正確に、丁寧に行えるように専用の機材を準備し、またそれを駆使できるように医師の技術も高めています。

 

FUE法はメスを使わず「パンチ」と呼ばれる器具を使用します。
毛根を個別にくり抜く方法でドナーを採取するものですが、そのパンチに専用の機材を導入してドナー採取の精度を高めた「i-direct法」を採用しています。

 

専用機材を用いることでドナーを傷つけることなく正確に採取することが可能になり、高密度の移植を可能にしています。
一般的な手法では30%程度となるところ、i-direct法では50%以上の密度を実現することができます。

 

アイランドタワークリニックで用いられるパンチは毛根をくり抜いた後にできる穴が直径0.65mmという国内最小レベルの侵襲で済むので、術後の回復も早く患者さんの負担を軽減してくれます。

 

メガセッション植毛を受けることが可能

 

メガセッションとは一度に多量の移植を可能にする自毛植毛手術法です。

 

通常、植毛は外科手術の為、細かな手作業などを必要とすることもあり、
一度の施術ではそれほど多くの移植をすることは困難となります。

 

ドナー採取から移植実施までには複数の工程があり、ドナーの活性力の低下を避けつつ迅速に作業することが求められます。

 

 

アイランドタワークリニックでは他院では難しいメガセッションを可能にするために、
専用機材を導入し素早く正確なドナーの採取と移植を行えるよう、複数の医師とスタッフを関与させています。

 

i-direct法により一回の植毛で4000グラフトの移植も可能ですので、頭頂部の広範囲な薄毛も治療可能です。

 

 

複数回に分けて移植を実施する場合は期間を空けなければならず面倒ですが、
メガセッションならば一度の施術で広範囲の移植が可能です。

 

アイランドタワークリニックの詳細はこちら

アイランドタワークリニック


このページの先頭へ戻る